①北海道に欠かせない集合煙突。ところが今年は暴風雪や大雪の影響で、根本からポッキリ!なんてことが多いのです。
そこで登場するのが「チーム横山」。なんせボスは今迄2000本の集合煙突を積み上げた経験の持ち主。
②まずはシッカリ養生して解体作業。跡形も無くキレイにしたところで腕の見せ所、修復作業のスタートです!
③素焼きの土管、鉄筋にブロック。砂・砂利・セメントを絶妙に調合して一段一段組み上げます。しかも垂直に・・・
これは一朝一夕には絶対にできない技なのです。
④右腕のワッペンは伊達じゃない!WORLD WIDE CHIMNEY SWEEPS(世界の煙突掃除職人)の称号なのです。
ワッペン拡大するとこれっ!日本で唯一「日の丸」をしょって仕事をしているのは「チーム横山」だけなのです。
⑤そして修復完成!決めのポーズは世界の煙突職人共通の印。
雪割れと板金は別の職人さんに任せて、シッカリ煙突を蘇らせました。
この技は時間と経験を重ねて、ウチの若い職人達が必ず継承してくれるはずです。
乞うご期待!