抜けるような青空に1本の煙筒が建った!
ここは今話題の「旭川公園」ゲストハウス(旭川市永山1条24丁目2-4)。
オーナーの松本浩司さんとの出会いは去年6月一通のメールから始まりました。
「静岡から旭川に移住して、どこにも無いゲストハウスを創りたいんです」
その想いは決して思いつきじゃなく、熟慮を重ね、何度も視察し、ここに辿り着いたストーリーがありました。

現役の新聞記者を辞めて、家族総出で移住する半端無い覚悟。
そして旭川を選んでもらったことに「チーム横山」も全力で応援する決意を固めました。
ここに至るまで何度も挫折を味わい、頓挫しそうになったことも一度や二度ではなかったでしょう。
それでも移住してから約1年、一日も欠かすことなくFBで旭川の魅力を発信し続けてくれた。
その想いに仲間が次々と集まってバックアップしてくれた。
そして遂に9月15日、お披露目の時が来ます!

松本ファミリーを心から応援する仲間達が、それぞれのパフォーマンスで皆さまをお迎えします!
題して「公園びらきを祝う会」(詳しくは掲載のフライヤーをご覧下さい)
是非是非遊びに来て下さいね。
「チーム横山」の若き筒師達が、熱い想いを込めて施工した煙筒と薪ストーブ(2100ミレニアムレッグ)も待っています!
私達は松本さんを通してまたひとつ学びました。
薪ストーブは決して富裕層の遊び道具ではないこと。
オーナーの想いに寄り添い、夢をカタチにすること。
そのためのハードル(予算やスペースなどなど)を超える知恵を出すのが俺達なんだと。
松本さん、おめでとう!そしてありがとうございます。