煙突掃除すっかり初冬の旭川・・・この日は著名な絵本作家宅の煙突掃除と薪の配達からスタート。
奥山&テルのコンビで記念すべき250軒目の煙突掃除となりました!
ちなみに薪ストーブはバーモントキャスティングス(アメリカ)のイントレピットⅡです。
ビフォー集合煙突の煤とタールをシッカリ落として、室内煙突(シングル)の状態はご覧の通りでした・・・
大丈夫です!『職人の魂は道具にあり』なのです。横山秘伝、自作の『道具』『技』でホレこの通り!
アフターお客さまに渡す作業伝票に状態を書き込んでから、絶対の自信と愛情を込めて彼らはこう記します。
「今年も安心してご利用下さい!」
若き煙突職人達の成長の姿は、決してキレイな字ではないけれど心が伝わってきますねぇ~。
251軒目の煙突掃除は東川町。集合煙突&ペチカが貴方達を待ってま~す!