佐々木邸「食育・木育・花育から繋がる心育」がテーマの当麻町にまたまた薪ストーブを設置。
アンヴィクタ(フランス)社製の『sedan(スドン)15』大きな窓から見る炎は格別です。
ここで北海道ならではの心温まるハプニング。
愛慈さんと佐々木さん「薪ストーブが来るのを待って、ほら雪が降ってきたよ~」とお母さんの声・・・
そう、窓の外は初雪です。このタイミングで初雪とは職人冥利に尽きますねぇ~。
それにしてもお母さんの一言ポエム過ぎます。
そこで大喜びでやって来たのが元気な子供達!
子供達歓声をあげながら薪ストーブの前へちょこんと正座。
そして次の瞬間「僕にもやらせてぇ~!」って、薪運びを手伝い始めました・・・
お手伝いこれって本当の「木育」ですよねぇ~(しかも裸足でお手伝い)
いやぁ~今日は心も体も実にほっこりさせてもらいました!
「次は来年、煙突掃除でお会いしましょう!」ってお家を出たらご覧の雪でした。
雪