マラソン自称『煙筒の横山』陸上部キャプテン、設楽照久(テル)が下川町の万里長城クロスカントリー大会で堂々の銀メダルを獲得!
「公私ともにお世話になっている下川町の皆さんに、僕のできることで恩返しをしたいです!」と試合前のインタビューでは泣かせるコメントを発表。
ちょっと分かりにくいけど、ボスから渡された「チーム横山」の黄色いポロシャツを着て全力で走り切りました。
テル表彰式では「次はテッペンに登ってみせる」と唇を噛みしめていましたよ(左)
この後、美瑛・旭川・札幌(北海道マラソン)と転戦が待っていますので乞うご期待!!
テル翌日、会社で試合結果を報告。ご覧のメダルをお披露目
ボス初め、全員大喜び!!
煙突掃除に薪・ペレットストーブ設置、そして7月4・5日の大展示会へと大いに弾みのつく『テル』の大活躍でした