ソーラーパネル北海道胆振東部地震、未曽有の災害で多くの方が犠牲になりました。
謹んでご冥福をお祈りするとともに、避難生活等を余儀なくされている皆様にお見舞い申し上げます。

今回、私達が経験した停電時でも営業できた「防災(備え)」のお話しをします。
「百の理屈より、一つの事実を創ろう!」
これが「チーム横山」のモットーです。
そのひとつが、ペレットストーブを作動させるオフグリッドソーラーシステム。
インバーター名だたるメーカーでは高額過ぎて手が届かない。
寄せ集めの部品で、ソーラーパネル(発電)・バッテリー(蓄電)・インバーター(制御)を組み立てた。
パソコンで発電・蓄電・消費電力が瞬時で分かる「見える化」。
格好は悪いけれど、これが再エネ(自然再生エネルギー)のカタチ、そして実用化。
②実際この仕組みで1シーズン、ペレットストーブで暖を取っていました。
しかも集中暖房方式なので、隣接の事務所を床暖とパネルヒーターで!
チラシ住宅や施設にたくさん太陽光パネルが上がっています。
それらはほとんど売電目的。今回、「肝心の我が家で使えなかった」との声をたくさんいただきました。
『時代は売電➡活電』へと大きくシフトしています。
今回、私達は自家製のオフグリッドソーラーシステムで停電時(2日間)、何の支障も無く過ごせました。
これは、理屈でも誇張でもなく事実なのです。
そして、「無いものは自分達で創ろう」がポリシーの「チーム横山」なんです。